ポール・マッカートニー 「 ザ・リリックス」日本語版 Paul McCartney

通常価格 ¥16,500(税込価格) セール中 (税込価格) 在庫状況: 売切もしくは入荷待ち

ビートルズ・クラブの通販ポイントは付与されません。

「ザ・リリックス」は、ポール・マッカートニーが自身のすべての時代から選りすぐった全154 曲を通して、⾃⾝の⼈⽣と芸術を前例がないほど率直に語っている特別な書籍です。集録された楽曲は、少年時代の作品からビートルズの伝説の10年まで、そして、ウイングス時代や現在に至るまでのソロ時代のアルバムまでを網羅しています。

楽曲は、年代順ではなくアルファベット順に編集されており、インタビューもランダムに行われたことにより、ポール自身も予測しなかった、また忘れていた記憶が蘇ることになり、さまざまな角度から語られたエピソードはまるで万華鏡のよう。ポール⾃⾝によって決定版と初めて定められた歌詞が掲載されているのも貴重で、その歌詞が書かれた背景、歌詞に影響を与えた人物や場所、そして、ポール自身が歌詞を振り返って今、何を思うかが語られています。

ポールの個⼈的なアーカイブから、手書きされた作詞原稿、草稿、手紙、イラストといったこれまで⽬にしてこなかったようなアイテムも多数掲載、くわえて、いくつもの未公開写真も紹介されており、史上最⾼のソングライターの⼈⽣を追ったビジュアル・ブックにもなっています。

さらに、本書の制作過程でポールのノートから発⾒された、1960 年代初頭に書かれたと思われるビートルズの未発表曲「Tell Me Who He Is」の歌詞も掲載されています。

タイトル 『THE LYRICS』
著者:ポール・マッカートニー
編者:ポール・マルドゥーン

フルカラー上製本2巻組
判型:AB版210(W)×257(H)mm
本文ページ数:912P/Volume 1(432P)+Volume 2(480P)
定価:16, 500円(本体15,000円+税10%)
発売:2022年6月18日

発行:リットーミュージック
翻訳:ザ・ビートルズ・クラブ

【掲載曲⽬】
Volume 1
All My Loving|And I Love Her|Another Day|Arrow Through Me|Average Person|Back in the U.S.S.R|Band on the Run|Birthday|Blackbird|Café on the Left Bank|Calico Skies|Canʼt Buy Me Love|Carry That Weight|Check My Machine|Come and Get It| Coming Up|Confidante|Cook of the House|Country Dreamer|A Day in the Life|Dear Friend|Despite Repeated Warnings|Distractions|Do It Now|Dress Me Up as a Robber |Drive My Car|Eat at Home|Ebony and Ivory|Eight Days a Week|Eleanor Rigby|The End|Fixing a Hole|The Fool on the Hill|For No One|From Me to You|Get Back| Getting Closer|Ghosts of the Past Left Behind|Girlsʼ School|Give Ireland Back to the Irish |Golden Earth Girl|Golden Slumbers|Good Day Sunshine|Goodbye|Got to Get You Into My Life|Great Day|A Hard Dayʼs Night|Helen Wheels|Helter Skelter|Her Majesty |Here, There and Everywhere|Here Today|Hey Jude|Hi, Hi, Hi|Honey Pie|Hope of Deliverance|House of Wax|I Donʼt Know|I Lost My Little Girl|I Saw Her Standing There |I Wanna Be Your Man|I Want to Hold Your Hand|I Will|Iʼll Follow the Sun|Iʼll Get You |Iʼm Carrying|Iʼm Down|In Spite of All the Danger|Iʼve Got a Feeling|Jenny Wren|Jet |Juniorʼs Farm|Junk|The Kiss of Venus|Lady Madonna|Let Em In|Let It Be|Let Me Roll It|Live and Let Die|London Town|The Long and Winding Road|Love Me Do| Lovely Rita

Volume 2
Magneto and Titanium Man|Martha My Dear|Maxwellʼs Silver Hammer|Maybe Iʼm Amazed|Michelle|Mother Natureʼs Son|Mrs. Vandebilt|Mull of Kintyre|My Love|My Valentine|Nineteen Hundred and Eighty Five|No More Lonely Nights|The Note You Never Wrote|Nothing Too Much Just Out of Sight|Ob-La-Di, Ob-La-Da|Oh Woman, Oh Why|Old Siam, Sir|On My Way to Work|Once Upon a Long Ago|Only Mama Knows| The Other Me|Paperback Writer|Penny Lane|Picassoʼs Last Words (Drink to Me)|Pipes of Peace|Please Please Me|Pretty Boys|Pretty Little Head|Put It There|Rocky Raccoon|San Ferry Anne|Say Say Say|Sgt. Pepperʼs Lonely Hearts Club Band|She Came in Through the Bathroom Window|She Loves You|Sheʼs a Woman|Sheʼs Given Up Talking | SheʼsLeaving Home | Silly Love Songs | Simple as That | Single Pigeon | Somedays|Spirits of Ancient Egypt|Teddy Boy|Tell Me Who He Is|Temporary Secretary |Things We Said Today|Ticket to Ride|Too Many People|Too Much Rain|Tug of War |Two of Us|Uncle Albert/Admiral Halsey|Venus and Mars/Rock Show/Venus and Mars ‒ Reprise|Warm and Beautiful|Waterfalls|We All Stand Together|We Can Work It Out |We Got Married|When Iʼm Sixty-Four|When Winter Comes|Why Donʼt We Do It in the Road?|With a Little Help From My Friends|Women and Wives|The World Tonight|The World Youʼre Coming Into|Yellow Submarine|Yesterday|You Never Give Me Your Money |You Tell Me|Your Mother Should Know

 

米ニューヨーカー誌の紹介(抜粋翻訳)

ポール・マッカートニーの最も意味深い154曲を通して、その創造的な人生と天才的な音楽性を讃える書籍。初期のリバプール時代から、ビートルズの歴史的な10年間、ウイングス、そして長いソロキャリアまで、154曲の決定版の歌詞と、彼の人生と音楽に関する一人称の解説が組み合わされた書籍。アルファベット順に並べられた書籍2巻にわたる解説は、曲がどのように生まれたか、そして曲にインスピレーションを与えた人々(献身的な両親のメアリーとジム、作曲パートナーのジョン・レノン、ゴールデン・アースガールことリンダ・イーストマン、妻のナンシー・マッカートニー、さらにはエリザベス女王、その他多数)もフィーチャーしている。

‘Let It Be’、’Lovely Rita’、‘Yesterday’、‘Mull Of Kintyre’の起源や、シェイクスピア、ルイス・キャロル、高校時代の英語教師アラン・ダーバンドなど、ポールが影響を受けた文学者たちも紹介されている。ポールの個人的なアーカイブからの画像、直筆のテキスト、絵画、写真など、何百もの未公開写真とともに、64年間分にもわたる歴史を凝縮したこの書籍は、史上最高のソングライターの一人の文学的、視覚的記録の決定版だ。

(追記)
ここに「154曲の決定版の歌詞」と記述されているが、これはいくつかの楽曲を除いて(時にソロ曲)、ポールのレコードやCDにはスタッフが聴き取りをした歌詞が掲載されており、この度、ポールが真剣に歌詞が正しいものかどうか精査、校正したためである。そして、ビートルズ初期の歌詞からポールが英文学に影響を受けて歌詞を作っていることには驚かされる。まさに驚きの発見連続の書籍と言えるだろう。

関連商品
メインメニュー
Cart
Close
Back
Account
Close